空気をまぜて糸にしたウールアルパカで編んだケーブルセーター

初めて完成させた大物セーター

夫に編みました。初めて完成させた大物セーターです。

初めてなので編み目がヨレヨレのところがあったり、思ってたよりもサイズが大きくなってしまったところが悔しい。

女性用パターンのはずなのに、普段男性用Sサイズの服を着ている夫に大きい。わたしの編む手がゆるいのかもしれません。指定編み針は6号ですが、ゲージをきっちりとってもう少し細い編み針を使っても良かったかも。次回の課題。

とじはぎや、襟周りを編んだのは初めてでしたが、うーーーんと悩みながらもなんとかそれなりの見た目で繋がったかな?襟周りの拾い目は左右均等になるように取るのが難しかった。

ケーブル模様でも編むこと自体はサクサク黙々と楽しんで編めたけど、とじはぎと襟周りは悩みながらなのであんまり楽しめないね!これはちょっと難しいし根気がいるわ!

ダルマの空気をまぜて糸にしたウールアルパカはとにかく軽い糸でした。ふわふわ。滑らかさやぬるっとした感じはないので手がカサカサだと引っかかります。でもチリチリ痒くなるような毛糸ではないので、セーター以外にも使いやすそうな毛糸でした。マフラーを編んでみても良いかも。

大物は完成させたときの達成感が気持ちいい~。毎年家族に一着ずつでも編んでいきたいな。