2014年の手帳は能率手帳ゴールドに決定

来年、 2014 年の手帳が決まりました。 NOLTY の能率手帳ゴールドです。

能率手帳のラインナップはこちらへ → NOLTY手帳

見た目はとっても渋くておじさんっぽい能率手帳ゴールド。紳士なおじさまが持っていそうな雰囲気が漂う手帳です。

では、なぜこの手帳を選んだのか。それはSHINN::Scribbleさんや★ちゃんネルDays★さんでとても素敵に紹介されており、心を鷲づかみにされたからです。渋い雰囲気のデザイン、はがきと同じサイズ、 24 金の小口、羊革の表紙等、魅力が山盛りです。

わたしが今まで使っていた手帳

わたしは今まで一度も手帳を使い切ったことがありませんでした。そんなわたしが今年使っていた手帳は「情報は1冊のノートにまとめなさい」スケジュールシートのダウンロードからテンプレートをダウンロードし、印刷したもの。印刷代と紙代だけなのでほぼ無料。そして大学生だったわたしには枡目が丁度時間割とあっており使いやすかったのです。しかし、紙切れ一枚ということもあって落とすことも多く、さすがに院生になったのだからちゃんとした手帳を買おうと思ったのでした。

そこで、手帳の森で迷える子羊となったわたしはネットサーフィン中に能率手帳ゴールドと出会ったのです。いろいろな方のブログで紹介されてて、いいな~と思ってみていたのですが、実際に本屋で能率手帳ゴールドの実物を見て触った瞬間、羊革に心を奪われてしまいました。そのなんとも滑らかで柔らかな肌触りで、触っていて凄く気持ちいい。ふわふわ。これはそこらの普通の手帳では味わえない手触り。気持ちいい。触った瞬間にKO。そしてまぁ、黒い背景に金文字ってところが萬年筆みたいでおじさんっぽくて素敵じゃありませんか。

能率手帳ゴールドの魅力

では、具体的に能率手帳ゴールドの魅力ポイントをあげてみます。

  • 羊革の表紙
  • 12月になる頃には表紙に独特の味わいが出てくるはず。
  • 黒背景に金文字
  • おじさんっぽい渋さ
  • きっとこれから先も変わらぬデザイン
  • きっとしばらくは廃番にならない
  • 万年筆が使え、裏抜けしない
  • 用紙がクリーム色なので目に優しい
  • はがきサイズで持ち運びしやすい

わたしが現在感じている限りでは、以上でしょうか。

わたしはメモ術なるものを実行しており、日々の行動記録等は主にそのメモ術で残しています。したがって、手帳自体は未来の予定を整理する場として使うことになると思います。ただ、使っていくうちに使い方は変わってくると思いますが。楽しみ。

そんなわけで、来年一年間、能率手帳ゴールドにお世話になろうと思います。よろしくね。

NOLTY 2018 能率手帳ゴールドNOLTY 2018 能率手帳ゴールド