偏頭痛がひどいので頭痛外来を受診してきた

以前から偏頭痛がひどいひどいと言い続けてきましたが、やっと頭痛外来に行ってきたのでご報告。小さい頃からお世話になっている内科の先生に紹介状を書いてもらい、大きい病院を受診してきました。

待ち時間には定評がある

なによりも、まず待ち時間が長すぎました。。受付してから最初の診察を受けるまでに1時間、MRI検査をするまでに1時間、MRI検査が終わってから診察するまでにまた1時間と、待ち時間だけでも計3時間はかかりました。10時半から病院に行って、終わったのが14時半。ちょっとばかし長すぎる…。診察自体は5分程度なのにね。ちなみに診察終わった後に先生が「うちは待ち時間には定評があるからね」と笑っていました。ほんとにまったく。

偏頭痛の痛み止めの注射は副作用が辛かった

最初の診察を受けたときに「今も頭痛がするんでしょう?じゃぁ痛み止めを筋肉注射しましょうか」ということで痛み止めの注射をしてもらいました。注射を打った瞬間から驚くほどあんなにひどかった痛みがスッと治まった!しかし舌の奥の方がビリビリする感じと気だるい・体中がウズウズとする副作用に1時間ほど悩まされました。副作用が結構きつい薬らしいので、わたしにはあまり合わなかったかも。しかも、筋肉注射は注射自体がめちゃくちゃ痛い!これがほんと痛い!採血とは比にならないレベル。

待ち時間は長いし身体は注射の副作用でしんどかったので、待ってる間はずっと寝ていました。手持ちの本もスマホもあったけど、そんなのに集中できる気分じゃなかったです。ほんと副作用がひどかった。

MRI検査の結果、体質的な偏頭痛でした

MRI検査の結果、脳に異常はなにもなかったみたいです。あんなに毎日痛んでいてもただの偏頭痛だったらしい。肩こりからくる偏頭痛(緊張型頭痛?)もあると聞くけど、それではなく体質からくるものらしいです。ここ最近、毎日頭痛が続いていると問診票に書いていたので、偏頭痛の予防薬と、頭痛が来たときにすぐに飲む痛み止めの薬も貰いました。しばらくはこの薬を飲みながら様子見です。わたしは何年も血栓ができやすい副作用のある薬を飲んでいて、もしも血栓が頭に詰まっていたら…と心配していたので、”脳に異常はない”といわれて一安心しました。

偏頭痛の予防方法

「偏頭痛はどうやって防いだらいいですか」って先生にきいてみたところ、

  • お酒の飲み過ぎ
  • 寝不足
  • 疲労
  • 休日などに神経張らずにだら~っと過ごす
  • 生理前
  • 天気が悪い日

等が起因になると言われました。母も弟も偏頭痛持ちという家系なので、ある程度は仕方ないかな~と半分諦めています。なるべく身体の事を考えながら過ごさないと、痛み止めばかり飲む生活になっちゃいそう。


痛み止めの注射のおかげで今日はほとんど頭痛が治まっています。偏頭痛の予防薬は1か月分貰っているので、それを飲んでどう変わるかが気になるところです。ほんとここ毎日頭痛で辛かったから、早いとこ治まってほしい。