【A4一枚でOK】アブラサスのメモスタイルを真似してアレンジしてみた

わたしはメモ魔です。

情報は一冊のノートにまとめなさい』という本を参考にしてメモ術を実践しています。起床・就寝時間や出かけた時間、買ったもの、値段、などなど、なんでもメモします。

情報は1冊のノートにまとめなさい情報は1冊のノートにまとめなさい

今まではA5サイズや手帳サイズのノートを1冊持ち歩き、それにメモを書き記してきました。以下がそのメモ達。

今までのメモノートたち20冊以上 © tsukico.
今までのメモノートたち20冊以上

メモを取り始めて約3年。メモ帳は20冊を超えています。飽き症で、ノートの途中まで書いて次のノートに移っていたりするので、冊数の割りに内容はそんなに詰まっていません。笑

文字を見るとその時の自分の気持ちを思い出すことができる、大切なノート達です。段ボールに入れてこれらを保存しています。

今年2月の引越しの時、かさばるし重くて運ぶのが大変だったので、“ノート式”のメモスタイルを変更する決意をしました。

abrAsus(アブラサス)の薄いメモ帳スタイルを真似しています

ノート式のスタイルをやめようと思ったきっかけは、アブラサスの薄いメモ帳の存在を知ったことからです。使い方はこちらの動画を見ていただけると、とてもわかりやすいです。

アブラサスの薄いメモ帳は、A4のコピー用紙を8つに折ってメモ帳として使います

A4のコピー用紙は今はどこでも手に入ります。このメモスタイルでは用紙の片面しか使用しないので、ミスコピーした裏紙を再利用することも可能です。

専用のリフィルを印刷して使用することもできます。公式サイトでいろんな種類のリフィルを手に入れられます。

abrAsus 薄いメモ帳abrAsus 薄いメモ帳

実はアブラサスのメモカバーは購入していません

わたしはアブラサスの薄いメモ帳カバーは購入していません。メモ帳のスタイルを参考にしただけです。

立った状態でメモすることが多い方には、メモカバーを使ったほうが便利がいいと思います。メモカバーにはカードを入れることもできるので、タッチカード等を入れて使うのもいいでしょう。

しかし、わたしは今のところ立った状態でメモすることはほとんどないし、タッチカードを使うこともないので、今のところメモカバーの購入予定はありません。将来的に必要になった時には購入するつもりです。

自己流にアレンジ

アブラサスのメモスタイルを参考にして、自己流にアレンジしてみました。

コクヨA4コピー用箋 by Nikon 7000 © tsukico.
コクヨA4コピー用箋 by Nikon 7000

まず、紙は一般的なコピー用紙ではなく、コクヨのA4コピー用箋を使用しています。

この紙は一般的なノート紙やコピー用紙に比べてかなり薄いです。薄いのにハリがあって破れにくい丈夫な紙です。薄いブルーで方眼目盛が付いているのもポイントです。

一般的なコピー用紙を8つに折ると、紙自体が分厚いので結構がっつりとゴワゴワして、折り目の部分が書きにくいのですが、このコピー用箋は薄いので、8つに折っても折り目の部分が書きにくいといった問題がありません。

また、万年筆のインクにも強く、滲みや裏抜けは一切ありません。イメージとしては、インクが紙の上にテロッとのっている感じ。濃淡が綺麗に出ます。ツヤツヤとしたペン先が滑る紙が苦手な方には、ちょっと向いていないかもしれませんね。紙の性質上、インクの渇きは遅いです。

紙が薄いので裏写りは必至です。裏に書くことを想定した紙ではないし、このメモスタイルでは裏にメモを書くことはほぼないので問題ありません。

わたしはあらかじめ大型のパンチでいっぺんに穴をあけておきます。メモを書き終わった後にすぐに閉じられるので便利です。

コクヨ コピー用箋 A4コクヨ コピー用箋 A4

折り方は公式と一緒

コピー用箋は8つ折りで by Nikon 7000 © tsukico.
コピー用箋は8つ折りで by Nikon 7000

折り方は公式と同じです。A4のコピー用箋を8つに折って、左上から記入し、右下で終わります。

私の場合、メモカバーを使用しないので、一番右下の8番目の区画にもメモを書いています。

この紙をそのままペンのクリップに挟んで、ポケットに突っ込んで出かけます。丈夫な紙なので、ポケットに入れたまま座ったり、水をこぼしたりなど雑に扱っても破れません。

一般的なメモ帳やノートのようにカバンの中でかさばらないし、紙とペンのみなのでカバンがなくても持ち運び可能で、軽くて邪魔にならないので、すごくいいです!

書き終わったあとの保存方法

書き終わったメモ用紙はナンバリングして保存 by Nikon 7000 © tsukico.
書き終わったメモ用紙はナンバリングして保存 by Nikon 7000

書き終わった後は、ナンバリングで区画ごとに通し番号を押し、コクヨのプラファスナーに通して保存します。

いずれは通し番号ごとにExcelなどで書き出してデータ化し、参照しやすくする予定です。

書き終わったメモ用紙はプラファスナーに閉じる by Nikon 7000 © tsukico.
書き終わったメモ用紙はプラファスナーに閉じる by Nikon 7000

バインダーだとかさばるので、プラファスナーで閉じてラフに折って保存するのが丁度いいです。

わたしは万年筆の古典インクの経年変化を楽しみたいため、過去のメモ帳も紙の状態で保存して残します。

紙で残す必要がなければ、スキャンしたりスマホで写メってデータとして保存するのが省スペース化できて良いと思います。

コクヨ ファスナー プラスチック製コクヨ ファスナー プラスチック製

このメモスタイルによって、メモ魔生活が快適なものとなりました。

ノート1冊をメモ帳として使うと、ノートの最後の方になるにつれてどんどんノートが重くなり、カバンの中でも邪魔な存在となります。それが煩わしかったわたしにとって、このメモスタイルはメモ魔史上最高至適です!

今は、これまで貯めたメモノートもこのコピー用箋に書き写して、保存スペースの縮小にも挑んでいます

2016年5月7日
…と言いつつ、現在はノートでのメモに移行しました。詳しくはコチラ:【ノート】コクヨの帳簿シリーズ「補助帳」が今一番のお気に入りです