パイロット キャップレス マットブラック

ボールペンの出番が激減した

私の愛用の万年筆です。

キャップレスの利点を活かすために、インクはカートリッジで使用しています。パイロットのブラックかブルーブラックを入れています。

万年筆を気軽に楽しもうと思ったら、ネジ式のキャップは煩わしくて真面目に書くときにしか使えないし、嵌合式の方がネジ式よりは楽だけど、出先で簡単なメモをするときには外したキャップを持つのがめんどくさい。ということで、結果的にキャップレスに行きついたのです。

「簡単なメモなら別にボールペンでもいいじゃん?」と思われそうですが、いつでもどこでも万年筆が使いたいのです。

キャップレスの手軽さから、これから初めて万年筆を買おうと思っている方には、私はキャップレスを勧めます。普段、ボールペンを使うのと同じ感覚で万年筆を楽しみやすいからです。

キャップレスを1本持っていると、ボールペンの出番が格段に減ると思います。わたしはそうでした。


常用ペンとしてかなり雑に扱っており、地面に落とすこともあるので、塗装がはがれて汚くなっています。なおかつ、キャップレスの他の色に比べて、マットブラックの塗装ははがれやすいと感じています。筆箱にそのまま突っ込んでいたら、筆箱のチャックの部分でペン先やノック部がこすれて銀の地色が出てきました。

ブルーのキャップレスdecimoも同じ状態で扱っていましたが、塗装は一切はがれていません。

特にマットブラックを綺麗な状態で使いたい方は、万年筆用の高級なペンケースを使った方が無難です(万年筆愛好家からしたら常識かと思いますが)。


また、「クリップ部分が書くときに邪魔だ」といった意見もあるそうですが、わたしは特に気になりません。ペンの持ち方による部分が大きいと思うので、購入時にはしっかりと試し書きをしてチェックした方が良いです。

普通サイズのキャップレス(このマットブラックも)と、スリムサイズのキャップレス decimoを両方持っていますが、持ちやすさは普通サイズのキャップレスの方が上だと思っています。ペンの太さがちょうど握りやすくて安定感があります。スリムなdecimoだと、しっかり書こうとしたときにはちょっとふらつくというか、手の中でのあそびが大きくて不安定な感じがします。

手が小さめである女性の私がこう思うので、男性は普通サイズのキャップレスが良いのではないかと思います。試し書きしてみてください。

パイロット キャップレス マットブラックパイロット キャップレス マットブラック