中古本の楽しみ

Amazonで久門易さんの「今日からデジカメ写真がうまくなる」を中古で購入して読んでいます。

中古なので100%綺麗というわけじゃなく、今回買ったこの中古本は鉛筆でラインを引いて消したような痕跡がありました。

「本当においしいかどうかではなくて、おいしそうに見えるかどうかが問題なのです。」

という一文。この一文を前読者は気に入ったのでしょうか。

私だったらそこに線を引く必要はないな~とか考えながら読んでいると、前読者の頭のなかと比較できてなかなか面白いですね。

中古本の楽しみって、こういうところにもあるよね。

今日からデジカメ写真がうまくなる今日からデジカメ写真がうまくなる