いいレシピ本に出会うと料理が楽しく美味しくなる!お気に入り2冊

主婦の友社のレシピ本に助けられた我が家の食卓

しっかり基礎から下ごしらえや味付けを勉強したいと思っていた新米主婦がいいレシピ本に、出会ったぁ~。(ウルルン滞在記風)

元々料理が苦手、全く出来ないタイプではなかったのですが、主婦になって毎日料理を作るようになるとレパートリーが足りない。

ネットでレシピを探してきてもわかりにくい部分があったり。「ここは常識だからみんなわかるよね」の雰囲気で省いてあること多々。わかんねぇよ…

ネットレシピは味付けがイマイチだったり。新米主婦はまだ自分好みの味付けに変えるとかいう高度なテクニックを持っていない。

レシピの途中でそんなもの売ってるの?!みたいな突飛な香辛料が出てきたり。このメニューでしか使わないような調味料をわざわざ買うの?!賞味期限までにあと1回使うかもわからないよ!みたいな。

以上、ネットレシピだけで毎日の食事をなんとかしようとすると2週間もしない間に限界が来ました。ムリムリ。

書店にレシピ本を探す旅に出ました。

お気に入りレシピ本その1 『作りおきサラダ』

まず、主婦の友社の『作りおきサラダ』のレシピ本にハマりました。

作りおきサラダのレシピ本は、主にサラダや漬物、マリネ、副菜類、など野菜メインのレシピがまとめてあります。メインの付け合せに一品、がこの本の主なお仕事。

だいたいメイン料理はネットレシピでなんとかなることが多いのですが、副菜ってなかなか思いつかないのよね~。

常備菜のレシピなので、暇な時間に作り置きして冷蔵庫に入れて保存してちまちま食べられるものがメイン。分量はだいたい4-5人分ですが、レシピ通り通り作って夫婦2人で3-4日分。

保存方法や保存期間が書いてあるので、それを参考に保存しすぎないように。

現在妊婦で体調が安定せず身体がだるくて動けなくなることも多いので、体調が良い時に作りおきして再調理不要で食べられる常備菜に助けられています。加熱せずに和えて漬け置きするだけのレシピもあるので、ほんといいですよ。

このレシピ本は味付けが程よくて、夫も私も美味しい美味しいって食べられています。なにを作っても味付けがちょうどいいってレシピ本のポイントの一つですね。安心感がある。

あと上から順に見ていってちゃんと順序どおりに作れることもポイント高し。たまに変なレシピ本だと最後のおまけメモのところで「一番最初にAの調味料は混ぜて加熱しておきましょう」とかあったりして、えっ!聞いてないんだけど!!と一番最後に気づいて焦ることがあります。

このレシピ本は裏切られることがなく、ちゃんと①から順に作ったら完成します。あらかじめレシピ本を全部読んで予習する時間が節約できる。ズボラー主婦の味方!

もう一つ助かるポイントが、本の最後の索引で野菜名を検索すると一覧でレシピが見られること。

例えば「大根」は、①大根とにんじんのなますp69、②大根のナムルp66、③大根のゆずはちみつ漬けp101…という具合。冷蔵庫の残り物で何を作ろうかな~って悩んでレシピ本をペラペラめくって探す時間を節約。

『作りおきサラダ』のお気に入りレシピ

まだ全てのレシピを作ったわけではありませんが、この本の中で特にお気に入りのレシピは、以下の5種。

  • 野菜たっぷり肉味噌サラダ(p14)
  • 梅甘酢レンコン(p57)
  • ミニトマトのハニーマリネ(p63)
  • じゃがいものゆかり和え(p76)
  • イカとレンコンのオリーブマリネ(p84)

イカとレンコンのオリーブマリネ。マリネは初めて作ったけど、びっくりするほど美味しかった!なにこれすごい!!イカうまい!!レンコンじゃなくて他の野菜でも応用できそう。

ミニトマトのハニーマリネも、ええ…はちみつ?って思って作ったけど、甘すぎなくておかずになる味で夫大絶賛。

甘酢レンコンは元々好きだったのだけど、妊娠して酸っぱいもの食べたい欲が加速してて、しかも時期的にレンコンが安いので連日甘酢レンコン作ってます。味付けもちょうどよくて私の好きな味。

肉味噌サラダは切れ端の野菜などをみじん切りにして再利用できるので便利。味噌の味が程よいし、MEC食してる方にもオススメ。肉も野菜もとれて常備菜だから保存できてお弁当も入れられる!

Amazonでちらっと中身が見れます。

作りおきサラダ作りおきサラダ

お気に入りレシピ本その2 『主婦の友 創業100年のベストレシピシリーズ おかずの基本』

『作りおきサラダ』で主婦の友社のレシピ本、すごい!!と感動。

そんななか、ちょうどいいタイミングで主婦の友社創業100年の総集編となるレシピ本『主婦の友 創業100年のベストレシピシリーズ おかずの基本』が発売されたので、これは買わねば!!と購入。2016年10月20日発売なのでできたてほやほやです。

こちらは「おかずの基本」と「作りおきの基本」の2冊仕立てになっています。2冊合わせて3000円。

作りおきの基本

作りおきの基本は、『作りおきサラダ』のレシピ本とかぶっているメニューもありますが同じ出版社なので仕方ないよね。おかずだけじゃなくて、スイーツの作り方も載っています。

『作りおきサラダ』のレシピ本と同じく、保存期間や保存方法も書かれているので安心です。

ただメニュー数が若干少ないので常備菜レシピ本としてメイン使用には物足りない。常備菜の入門書としてはオススメできますが、しっかり常備菜を作りたい方は『作りおきサラダ』などの常備菜専門のレシピ本を購入された方が良いと思います。

おかずの基本

ハンバーグ、鶏の唐揚げ、肉じゃがなどの家庭料理から、ペペロンチーノスパゲッティ、キーマカレー、目玉焼きBLTサンドなどのシャレた料理もあり、最後はおせちの作り方まで載っています!おせち!!

一人分の摂取カロリー、調理時間、調理に使う器具の説明があるのが親切ですね。

分量は基本的に2人分なので、「彼氏に美味しいご飯作りたい!」っていう若い女性にもオススメです。このレシピ本で彼氏の胃袋つかめるよ!人数の多い大家族も計算しやすいと思います。

味付けはどれもちょうどいいです。わたし好みであり、夫好みでもある。

この本一冊持っているだけで基本的なご飯は全て作れます。あとは家庭の好みでその他の専門レシピの本をそろえば十分だと思います。

レシピの他に、「おいしさを長持ちさせる野菜の保存法」や「切り方と下ごしらえの基本」、「だしのとり方」など、新米主婦にありがたい情報も載っています。

「創業100年のベストレシピシリーズ」というだけあって、十分すぎる豊富な内容です。一家に一冊おかずの基本。

『おかずの基本』のお気に入りレシピ

まだまだ使い始めたばかりなので作った種類が少ないのですが、以下の3種はお気に入り。

  • かぼちゃの煮物(p38)
  • 牛肉のすき煮(p181)
  • ミートボールの甘酢あん(p185)

かぼちゃの煮物は味付けが優しくてとても美味しかったです。かぼちゃそのものの味がしっかり残っている。

ミートボールは市販品ばかり食べてきたのだけど初めて手作りしたら簡単に作れました!ハンバーグもいいけど、ミートボールもいいね。

こちらもAmazonでちらっと中身が見られます。

主婦の友 おかずの基本―創業100年のベストレシピシリーズ (主婦の友創業100年のベストレシピシリーズ)主婦の友 おかずの基本―創業100年のベストレシピシリーズ (主婦の友創業100年のベストレシピシリーズ)

レシピ本はkindleで購入がオススメ

ちなみに、レシピ本はkindleで購入されることをオススメします。

パタンと開きっぱなしになってくれるレシピ本じゃないと、料理の途中にいちいち閉じてしまって、開く時に手を洗って拭いて、ああああめんどくさい!ってなったり、あのレシピどこだっけ?でペラペラ本をめくる時間がかかったり。

kindleであればパタンと閉じてしまうこともないし、索引が呼び出せるので目的のレシピが探しやすいです。多少汚れた手でタブレットを触っても拭けばきれいになるし。

あとレシピ本ってあまり使わなくなってくると邪魔になる。かといってまた見るかもしれないので捨てるにも捨てられないし。この点kindleなら場所取らない。

スーパーのお買い物に端末ごとまるっとそのままデータとして持っていけるのもいいよね。


毎日『作りおきサラダ』と『おかずの基本』を眺めながら料理をしています。主婦の友社のレシピ本は味付けがどれもちょうどよく、「ツキコの作るご飯は美味しいね」って主人も絶賛。ありがたや~

このレシピ本達に我が家の食卓は助けられています。

しばらくはレシピ本をしっかり見て勉強しながら料理をして、ゆくゆくは自分好みの味付けをアレンジしてみたり、記憶からササッと料理を用意したりできるベテラン主婦を目指します。がんばろー!