映画【リピーテッド】は、ニコール・キッドマン版「掟上今日子の備忘録」

か弱いニコール・キッドマンが可愛い

クリスティーン(ニコール・キッドマン)は、事故の後遺症により毎朝目覚める度に、前日までの記憶が失われてしまう特殊な記憶障害を負っている。 夫のベン(コリン・ファース)は、結婚していることや夫である自分のことすらも忘れてしまう彼女を、献身的な愛で支えていた。 ある日、ベンの留守中に医師を名乗る男(マーク・ストロング)から電話がかかってくる。少し前から夫に内緒で、クリスティーンの治療にあたっているという医師は、 「数週間、あなたは毎日の出来事をひそかに映像日記として撮影してきた」と言い、その隠し場所を告げる。 そして、日記を再生したクリスティーンは、記憶障害の原因が、誰かに襲われて瀕死の重傷を負ったことだと知る。 夫の言葉と違う医師の言葉。一体誰を信じればいいのか? クリスティーンは”昨日の自分からのメッセージ″を頼りに、謎を追っていくが、辿りついた真実は、想像もできないものだった。 映画「リピーテッド」公式サイト


設定は完全にニコール・キッドマン版の「掟上今日子の備忘録」。探偵か主婦かの違いで、内容はダダ被り?掟上今日子の備忘録を見たことがないからよくわかんないけど。

ストーカー&DV男は怖いね、っていう内容です。ストーカーするほど愛しているのに、あんなに本気で女性を殴るってどういう思考回路なんだろう。理解不能。本気で殴りすぎちゃったせいで「寝たら記憶が全部なくなる」っていう記憶障害残っちゃったよ!一応障害おわせたことは後悔してるんだって。なのにまた殴る殴る。

オチは最初から予想できていた。医者か夫、どちらかが悪いことをしたやつでクリスティーンを監視しているんだと思っていたらやっぱりそうだった。

途中、あいつが悪いやつだったのか、と思わせつつもアッサリ「そうじゃない。治療の反動だ」でコロッと方向性変えたのには呆気にとられたよ。展開軽すぎっ。

この映画で一番の疑問は、ストーカーはわざわざ夫の振りをする必要があったのかということ。夫のベンだと偽ってクリスティーンと暮らさずに、最初からクリスティーンはストーカー自身の妻だよって教えていても良かったと思うの。「ベンのふりをするのが疲れた」って言ってたけど、最初から夫のふりをする必要なかったんじゃない?どうせ寝たら忘れるんだから、途中からいろいろ方向転換してもよかったんでない?

ずっとストーカーだっていうのをバラさなければ今後も死ぬまでクリスティーンと幸せに暮らしていけたと思う。クレアにバレたから時間の問題だったのかもしれないけど。そもそも最初からベンだと偽らずに、クリスティーンの新しい夫として上手いことクレアと関係を築いていけば円満に終わったかも。そんなコミュニケーション能力なかったのかな。ストーカーもいろいろ切羽詰ってたのか。

最後は無理矢理いいハナシの方向に持って行こうとしている。ちょっと苦しい。

オチが見え見えな分、あんまりミステリー感はないしあっと驚くようなどんでん返しもないし、ふーんで終わる映画だと思った。内容薄い。20年近く記憶障害でずっと生きてきたのに、ビデオカメラで映像日記を始めた途端あんな急に記憶が回復するもんなのかな。それとも殴られた影響で記憶力戻ったか。

寝たら全部忘れちゃうなら、2~3日寝なかったらいいんじゃないかな。10分お昼寝しただけでも記憶飛んじゃうのかな?気になる気になる。そういうパターンも混ぜてみて欲しかった。

ニコール・キッドマンはとっても美人で可愛いなーと、ニコール・キッドマン好きにはいい映画かも。か弱いニコール・キッドマン可愛い。