文房具

【2016年】能率手帳ゴールドの使い方をまとめた

2014年から能率手帳ゴールドを使い始めて3冊目。2016年の能率手帳ゴールドの使い方をまとめてみました。

【2017年手帳】ネーム無しの能率手帳ゴールドを選びました

2014年から能率手帳ゴールドを使い始めて2017年で4冊目。2017年はネーム入れなしの能率手帳ゴールドを選びました。

ダイアミン社レジストラーズインクの滓をろ過で集めてみた

万年筆のことを考えたら、たまにろ紙で濾して滓を取り除きながら使うか、最後に底の方に残ったインクは滓ごと捨てるようにしたほうがいいかもしれない

コクヨの帳簿シリーズ「補助帳」がお気に入り

いろんなノートを使ってきましたが、今のところKOKUYOの帳簿シリーズの補助帳が一番のお気に入りで、B5の200頁を使用しています。

【2015年】能率手帳ゴールドの使い方まとめ

2014年から能率手帳ゴールドを使い始めて二冊目。2015年現在の能率手帳ゴールドの使い方をまとめてみました。

パイロット マットブラック仕様のキャップレスでメッキが剥がれる万年筆のエイジングを楽しもう

パイロットのマットブラック仕様のキャップレスは、使えば使うほどメッキが剥がれて真鍮の地金が見えてきます。あえてガツガツ使って塗装がハゲてワイルド感が出るとカッコいい!地金が見える万年筆はかっこいいもので、珍しい万年筆の金属軸でのエイジングを楽しみたいです。

【2016年手帳】ついに能率手帳ゴールドのネーム入れに手を出した

今年はついに能率手帳ゴールドのネーム入れに手を出した。プラス500円で好きな言葉を大文字アルファベットで入れられる。自分の名前を入れました。

2015年の手帳も能率手帳ゴールドを選びました

2014年から能率手帳ゴールドを使い始めましたが、その使い心地があまりにも心地よかったため、2015年の手帳にも能率手帳ゴールドを選びました。丁度ポケットに収まる大きさ、渋い見た目、万年筆でもにじまない用紙、そして何よりも手触りの良い羊革の表紙。どこをとってもわたしのツボにはまっていて手放すことができません。

パイロット キャップレス マットブラック

愛用している万年筆のパイロットキャップレスはボールペンのように気軽に日常で使える万年筆です。インクはカートリッジで使用しています。

【A4一枚でOK】アブラサスのメモスタイルを真似してアレンジしてみた

メモ魔でなんでもメモをとっているわたしが、ノートをやめてアブラサスのメモスタイルに変更しました。『情報は一冊のノートにまとめなさい』という本を参考にしてメモ術を実践しています。起床・就寝時間や出かけた時間、買ったもの、値段、などなど、なんでもメモします。

能率手帳ゴールド

毎日持ち運ぶわたしの2014年の手帳は能率手帳ゴールドです。毎年手帳を買っては記入が続かずほぼ空白で終わってしまっていましたが、この能率手帳ゴールドはなんとか続いています。とは言っても、思い出した時に少し記入する程度ですが。

2014年の手帳は能率手帳ゴールドに決定

2014年の手帳は渋くておじさんっぽい能率手帳ゴールドを選びました。本屋で能率手帳ゴールドの実物を見て触った瞬間、羊革に心を奪われました。滑らかで柔らかな肌触りが触っていて凄く気持ちいい。そこらの普通の手帳では味わえない手触りで気持ちいい。

セーラー万年筆世界の銘木シリーズ黒檀高蒔絵古代鳥が届いた

待ちに待ったセーラー万年筆 世界の銘木シリーズ 黒檀 高蒔絵 古代鳥が届きました。インクはお気に入りのローラー&クライナーのスカビオサを入れました。うちの祖母が好きそうなデザインの萬年筆でスカビオサも祖母の好きそうな色合いです。おばあちゃんっぽい萬年筆には、おばあちゃんっぽいインクがとてもよく合う。

セーラー万年筆世界の銘木シリーズ黒檀高蒔絵古代鳥が欲しい

セーラー万年筆の世界の銘木シリーズ 黒檀 高蒔絵 古代鳥を購入しました。以前購入した趣味の文房具 (Vol. 18) にて銘木シリーズの万年筆が紹介されており、そのなんとも愛らしいフォルムに一目惚れをしてしまいました。

ローラー&クライナーのサリックスとスカビオサを購入

ローラー&クライナーのサリックスとスカビオサを買ってみました。購入したインクは、サリックスとスカビオサの二色。どちらも鉄イオンを使ったインクで、没食子インクと呼ばれています。

ロディアのBlocRシリーズのクリーム色のメモ帳を買いました

ロディアは有名なメモ帳ですが今まで持っていなかったので、はじめてロディアのメモ帳を買ってみました。とっても書き心地が滑らかなクリーム色の目に優しいハンドサイズのメモ帳です。オススメです。

われ、インクジプシーに進化する

どうやら私もインクジプシーに進化してしまったようです。インクジプシーとは、萬年筆をこよなく愛し萬年筆にマッチする最良のインクを探し求める人々のことです。どんどんインクの底なし沼にはまって抜けられなくなってしまいました。

【ノート術】タックインデックスをつけるだけでも印象UP

実習書の題目に応じてタックインデックスをつけていると真面目だねと褒められました。見た目から入るのも重要です。

『情報は1冊のノートにまとめなさい』実践&トラベラーズノートで実行可能か

奥野宣之さんの『情報は1冊のノートにまとめなさい』を読んで、お気に入りのノートであるトラベラーズノートで実践してみることにしました

PILOT Vコーン

PILOTのVコーンが気に入っています。色がはっきりくっきりしていて綺麗で書きやすいのでオススメです。中で液が減っていくのが見えるので使ってる感じも気持ちいい。

【解決方法】万年筆にカビが生えた

万年筆にカビが生えました。修理後に万年筆のカビ対策・修理のアドバイスを頂いたのでご紹介します。