パイロット キャップレス マットブラック

ボールペンの出番が激減した

パイロットキャップレスマットブラック
パイロットキャップレスマットブラック

現在愛用中の万年筆です。

キャップのない、ノック式の万年筆なのでボールペンのように気軽に使うことができます。

取り回しがしやすいというキャップレスの利点を活かすためにインクは交換が簡単なカートリッジで使用しています。 パイロットのブラックかブルーブラックのインクカートリッジを入れています。

常用ペンとしてかなり雑に扱っていて床に落とすこともあるので、塗装がはがれて汚くなっています。

そもそもキャップレスのマットブラックは同シリーズの他のカラーと比べて、塗装がはがれやすいように感じます。 他の文房具と一緒に筆箱に突っ込んでいたら、筆箱のチャックの部分や他のペンの金属部分でキャップレスのボディがこすれて真鍮の地色が出てきました。

同メーカーのキャップレス decimo も同じように筆箱に入れて使っていたけど、塗装は一切はがれていません。

また、「クリップ部分が人差し指に干渉して筆記時に邪魔」といった意見もあるようですが、私は使っているうちに気にならなくなりました。 確かに最初は違和感があったけれど。 ペンの持ち方による個人差が大きいと思うので、購入時には試し書きをしてチェックした方が無難。


普通サイズのキャップレス(このマットブラックも)とスリムサイズのキャップレス decimo を両方持っていますが、普通サイズのキャップレスの方が持ちやすいかな。 ペンの太さがちょうど握りやすくて安定感がある。 スリムな decimo はしっかり書こうとしたときにはちょっとふらつくというか、手の中でのあそびが大きくて不安定な感じがします。

女性でなおかつ手は小さめな方なので decimo のほうが持ちやすいかなと思っていたけど、意外と普通サイズのほうが合ってた。 個人差はあれど、男性は普通サイズのキャップレスが良いのではないかと思います。試し書きしてみてください。


初めて万年筆を購入しようと思っている方には、私はキャップレスをおすすめしたいです。

キャップ式の万年筆は「万年筆を使うぞ」という心の準備が必要ですが(私だけかな)、 キャップレスはボールペンのように使えるのではじめての方でも取っかかりやすいように思います。

道具は使ってなんぼ、なので万年筆を特別な時だけ(例えば年賀状とか)に使うのではなく、ぜひ日常使いしてほしいと思います。

キャップレスが手に馴染んでくると、ボールペンの出番が格段に減るのではないかと思います。