備前焼の湯呑み

使うごとに風合いが増していく可愛い湯呑み

備前焼の湯呑み
備前焼の湯呑み
備前焼の湯呑み
備前焼の湯呑み
備前焼の湯呑み
備前焼の湯呑み

愛用の湯呑みです。

この湯呑みで、お水もお茶も、紅茶もコーヒーもお酒も飲みます。

手にすっぽり収まる丁度いいサイズで使いやすい。目的を選びません。


備前焼は土だけで作られています。

湯呑みの模様は釜の中の炎や灰の作用で作られたものです。 たとえ形は同じでも、同じ模様のものは他に1つとないオンリーワン、世界で一つだけの湯呑みです。

「金彩」という波のような金色の模様がお気に入りです(写真・上)。 写真では少しわかりづらいですが、光に当てるとキラキラ輝きます。

土だけで作られているのにキラキラと輝く、不思議です。

この湯呑みを見つける前までは「備前焼は茶色ばかりで地味」という印象だったので、キラキラと輝く綺麗な備前焼があるんだ!とビックリしました。

ちなみに、備前焼には酸化と還元の2種類があります。 酸化は茶色っぽくあたたかで素朴な見た目の焼き物で、還元は灰色っぽい渋い色合いの焼き物です。 この湯呑は還元の方で、私は還元のほうが好きです。


衝撃にも強く、座卓くらいの高さだと落としてもびくともしません。

実用的な焼き物です。湯呑み以外にも備前焼の食器を少しずつ揃えたいです。

使い始めてから約 4 年。 備前焼は使うごとに風合いが増していくので 4 年前よりも味が出てきているかもしれません。

大事に大事に使って、おばあちゃんになってもこの湯呑みを使いたい。