tsukico.
2016年 05月 07日に更新

ローラー&クライナーのサリックスとスカビオサを購入

今回初めてローラー & クライナーの萬年筆インクを購入しました。購入元は、キングダムノート楽天市場店さんです。購入したインクは、スカビオササリックスの二色。どちらも鉄イオンを使ったインクで、没食子インクと呼ばれています。

以前、古典インクが大好きだと記事で書きましたが、まさしくこの二つのインクも古典インクであるのです。古典インクはブルーブラックが主な色合いですが、ローラー & クライナーのスカビオサは古典インクの中でも珍しい紫色の古典インクです。どちらのインクも書きたては鮮やかな発色をしており、時間が経つにつれ落ち着いた色合いに変化します。この変化は鉄の酸化によるものだと思われます。

書いてみました

ローラー&クライナー スカビオサ

ローラー&クライナー スカビオサ

ローラー&クライナー スカビオサ

ローラー&クライナー サリックス

ローラー&クライナー サリックス

ローラー&クライナー サリックスとスカビオサ

色味の参考程度に、以前購入したロディアの Bloc Rにこの二色のインクで書いてみました。 少々写真がボケているのが悲しい…どちらも落ち着いた色合いなので、ノートにびっしりと文字を書いても目にまぶしくなく、濃淡が滑らかで綺麗です。


私はインクの赤光り (レッドフラッシュ) があまり好きではありませんが、このインクは赤光りしないので気に入っています。

使いやすい色合いのインクであり、古典インクであるため保存性にも優れるので日常使いに最適です。

インクジプシーと名乗ったばかりですが、しばらくはこの2つのインクを楽しもうと思います。やはり古典インクは面白い。


この記事の写真は iPhone5 (iOS7) で撮影しました。

先日 iPhone5 を iOS7 にアップデートして、写真の編集が簡単になったので便利がいいです。

一度使ったら手放せなくなる、筆記具を選ばないスムースな書き味と、他とは一線を画す計算しつくされた機能美が魅力のブロックメモ。アイボリーペーパーは、ブロックロディアの紙と比べ、若干厚めのベラム紙です。ロディア独自の撥水カバーですので、タフにご使用いただけます。
ローラー&クライナー社は1892年にドイツ、ライプチヒ市で創業の老舗インク製造メーカーです。伝統の製法を今も守り、天然素材を使った環境に優しい昔ながらのインクを作り続けてきたブランドです。
ローラー&クライナー社は1892年にドイツ、ライプチヒ市で創業の老舗インク製造メーカーです。伝統の製法を今も守り、天然素材を使った環境に優しい昔ながらのインクを作り続けてきたブランドです。