tsukico.
2018年 04月 20日に更新

【MEC食】手作りクリームチーズを作ってみたら簡単すぎてしかも美味しすぎた

温めて、混ぜて、寝かすだけ

MEC食とは、肉(Meet)、卵(Egg)、チーズ(Cheese)を主食としようという健康法です。それぞれの頭文字をとって、「MEC」。2015年3月からゆる~く実践中です。

チーズの目標摂取量クリアが結構難関

MEC食で一番食べづらい食品がチーズ。味に飽きてツライ…。MEC食でのチーズの一日の目標摂取量は120gですが、チーズを毎日120gも食べるのは味覚的にも金銭的にも厳しい。エンゲル係数右肩上がり。6Pチーズかクリームチーズが手に入れやすいので、その二種類をストックして気が向いた方を食べるようにしているけど、120gには到底足りていない。

私が市販のチーズで一番食べやすいのはkiriのクリームチーズ。味が濃くないから食べやすくて、後味さっぱり。

フランス産のクリームチーズです。風味豊かで、きめの細やかさが特徴です。

クリームチーズは簡単に手作りができる

チーズは買うもの、と思っていませんか?...クリームチーズやカッテージチーズのようなフレッシュタイプのチーズなら、特別な材料や道具を使わず家庭でも簡単に作ることができるのです。

引用元「チーズインライフ

フレッシュなクリームチーズは自宅で簡単に手作りすることができます。

手作りできれば、金銭的な問題も少しは解消されるかな?手作りのほうが飽きない味を作れるかな?と思ったので試しに作ってみました。

作り方は混ぜて放置するだけ

必要な材料は以下です。

材料

  • 牛乳(成分無調整)
  • 生クリーム
  • プレーンヨーグルト
  • レモン果汁

特別な材料や道具は必要ないし、普通のスーパーで材料が集められるのでハードルは低め。湯煎しながら材料を混ぜて、一晩冷蔵庫で寝かせ、翌朝塩を混ぜながら練るだけで完成。湯煎の温度管理が少し大変なくらいで後は簡単でした。

ひたすら混ぜ混ぜ作業だし火を使う工程がないので、小さな子供と一緒に作るおやつにもいいかも。

完成したクリームチーズ

完成した手作りクリームチーズとヨウム

思ってたよりもたくさんできました。

味はとってもまろやかで、ほのかにミルクの香りがふわっと広がり、あとにはレモンの味がツーンと残って、後味もサッパリしていて凄く食べやすい。kiriのクリームチーズよりも自家製クリームチーズの味の方が好み。kiriよりももっともっとまろやか。

ポッカレモンで代用

レモン汁を絞るのが大変なので今回はポッカレモンを使用しました。ポッカレモンでもちゃんとクリームチーズが作れました。ポッカレモンは香料が入っているので、それがちょっとキツイように感じました。「ポッカレモンです」ってしっかりわかるレベルでクリームチーズにも香りが残ります。

次はちゃんとレモンを絞って作ったレモン汁を使ってみようと思います。

「ポッカレモン100」は100%レモン果汁です。保存料無添加で安心、安全。レモン本来の「おいしさ」と「健康」をお届けするために、世界各地から厳選したレモン果汁を使用しています。

材料を選べば無添加で作ることができるし、食塩を入れなければ無塩にもなるので、ペットや小さな子供にも食べさせてあげられるくらい優しいクリームチーズになると思います。ヨウムにも少しだけおすそ分けしました。とっても気に入ってくれたようで良かったです。

まとめて大量に作るのは難しかった

材料をそれぞれ2倍にして一気に倍量を作ろうとしたけど少し失敗してしまいました。 失敗したとは言え、最終的にはサッパリ味のふわふわ超クリーミーなチーズとして新しいデザートとして満足。