専業主婦になった

時間に大きな余裕ができて気持ち的にも身体的にも楽になった

お仕事を退職し、専業主婦になって一週間が経ちました。

理由

妊娠して、今までと体調が劇的に変化してしんどくなってしまった。

今までと同じペースで動けない、動くと息があがる、運転中に眠くなってしまう、職場に到着してもしばらくじっとしてないと動けない、眠気が酷い日は簡単なミスを起こしてしまう、などなど… もう、ちょっと仕事続けるのがしんどいかなってレベルで体調が変わってしまった。

夫に「もう仕事早く辞めなさい、主婦になって」って言われたのも大きいです。 心配してくれる夫、ありがとう。

働くのは好きだけど特にキャリアを積みたいとか仕事に生きたいっていうタイプでもなかったし、自分の両親が共働きで寂しかった気持ちもあるし子供が大きくなるまでは子供の面倒をみて過ごしたいという思いも大きかったので、思い切って辞めました。 子供から手が離れたらパートに出ようと思います。

一週間専業主婦をしてみて

専業主婦になったけど身体がバリバリ動ける程ではないので、今はぼちぼち、家事をこなしている感じです。

妊娠してからは仕事して帰ってくるだけでぐったりでつわりもあったし、ほとんど料理はしてなかったのだけど、つわりが落ち着いたので料理を始めました。

料理は2日に1回。メニュー考えて、買い出しに行って、帰ってきて1-2時間料理をしたらもうクタクタです。買い出しに行って帰ってくるだけで、小一時間休憩挟まないと辛く、ゆっくりゆっくり作業してます。

ピーマンの肉詰めや、煮込みハンバーグに挑戦してみたら楽しかった。 自分が好きな料理を自分で作れるって楽しい。 食べるための作業じゃなく、自分のため、家族のために一つの趣味として料理を楽しんでいきたい気持ち。

良かったこと

主婦になって一番良かったのは、洗濯物が外に干せるようになったこと。 今まではいきなり雨が振ったりすると困るし、夫も私も朝早く出勤して日が暮れてしばらくしてからの帰宅で、洗濯物の面倒をみることができなかったので、ずっと部屋干しでした。 部屋干しでもニオイ予防に努めたりして、そんなに不潔!な感じにはならなかったけど、やっぱり外に干してお日様にあてると気持ちがいい。

それからお菓子作りも気軽に気が向いた時に作れるようになった。自分で作れば砂糖の分量を自分で調整できるので、低糖質気味なお菓子も作れるし、自分で作ったお菓子を子供に食べてもらえたら嬉しいし、今から練習あるのみ。お気に入りはベイクドチーズケーキとプリンです。

今までは、休日にあれやらなきゃ!って時間に追われていたけど、もう平日にもたくさん自由時間があるので、しんどい時は横になってゆっくり休み、元気になった日にまとめてあれこれすすめたり、など時間に大きな余裕ができたのが気持ち的にも身体的にもすっごく有難いです。

今後

今週から妊娠6ヶ月に入ったので、身体に大きな負担をかけないようにしながら、少しづつ家事をすすめていきたいです。

職場で使っていたけど今後不要になるものとかもいろいろとあるので、断捨離をすすめたい。 部屋をもっとシンプルでスッキリにしたい。 キッチンももっと整理整頓して使いやすいように整えておきたい。

追記

2018年、二人目を妊娠しました。 まだまだしばらくは専業主婦生活です。

公開日: 2016.10.10 ・ 更新日: 2018.05.01