ヒヤシンスの水栽培をはじめた

小学生以来かも

ヒヤシンスの水栽培

ヒヤシンスの水栽培をはじめてみました。

去年訪れた小さな雑貨屋さんで、ヒヤシンスの水栽培がキレイに飾られているのを見て、自分もやってみたいと思ったのです。

ヒヤシンスの植え付け最適期は10月末から11月なので、ちょうど今が最適な時期。

普段あまり球根栽培はしないのですが、小学校の頃に教室でみんなでヒヤシンスを栽培したような記憶がうっすらとあります。

以下サイトの栽培方法を参考にして育ててみようと思います。 とりあえず球根浸けを水に浸けて冷蔵庫へ。

オシャレな水栽培用のガラス容器を見つけた

ヒヤシンスの水栽培1日目

最近はオシャレな水栽培用のガラス容器が販売されているのですね。 インテリアにしていても不恰好じゃない、スッとした見た目の容器でとてもキレイです。

水栽培用容器、球根部分が簡単に外せる

球根部分のガラスが別になっていて、球根ごと簡単に持ち上げて外せるので水換えが容易にできそうです。 球根も根も傷めずに作業ができます。

見た目と機能性どちらも良い、便利な水栽培用ガラス容器だと思います。

サボテンの水栽培もできる

この容器でサボテンの水栽培をしている雑貨屋もありました。

サボテンって水を与えすぎるとダメになるってイメージがあったけど、意外と水栽培も大丈夫なんですね。

サボテンは棘があるからサボテン自身には触れないし、このガラス容器だったらサボテンを触らずに水換えや掃除ができていいかも。 ヒヤシンスが終わったらサボテンに使ってみてもいいかな。考えよう。

サボテン水栽培の方法は以下サイトが詳しいです。

ヒヤシンスには毒がある

ヒヤシンスの球根、葉、花、汁液には毒があるのでご注意を。

子供やペットのいる家庭では樹液に触らないように、口に入れないように気をつけて、手が届かないところに飾りましょう。


追記

ヒヤシンスのその後…

葉っぱが出てからあまり思うように成長せず、水の中に固形肥料一粒を入れたところ花が咲くところまでは成長。 しかし花も完全に伸び切らず、蕾の房の上部少しだけ花を咲かせて残りの蕾は開花しませんでした。 意外と難しいヒヤシンス…また来年再チャレンジしてみよう。

水換え簡単の球根用フラワーベースです。球根を置く上部の皿と水入れが別になっているので、茎を傷めず簡単に水の取り替えができます。
公開日: 2016.10.21 ・ 更新日: 2018.05.01