いいレシピ本に出会うと料理が楽しく美味しくなる

主婦の友社のレシピ本に助けられた我が家の食卓

元々料理が全く出来ないタイプではなかったけど、主婦になって毎日料理を作るようになるとレパートリーが足りない。 ネットでレシピを探してきてもわかりにくい部分があったり。「ここは常識だからみんなわかるよね」の雰囲気で省いてあったり。 ネットレシピは味付けがイマイチなときも。

新米主婦はまだスーパーを歩いている中で献立を考えたり、自分好みの味付けに変えるという高度なテクニックを持っていない。

お気に入りレシピ本その 1 『作りおきサラダ』

まず、主婦の友社の『作りおきサラダ』のレシピ本にハマった。

作りおきサラダのレシピ本は、主にサラダや漬物、マリネ、副菜類、など野菜メインのレシピがまとめてある。 メインの付け合せに一品プラスする時に便利。

常備菜のレシピなので、暇な時間に作り置きして冷蔵庫に入れて保存して少しずつ食べられる。 分量は 4-5 人分だけど、レシピ通りに作って夫婦 2 人で食べているとだいたい 3-4 日で消費している。

現在妊婦で体調が安定せず身体がだるくて動けなくなることも多いので、体調が良い時に作りおきして再調理不要で食べられる常備菜に助けられている。 加熱せずに和えて漬け置きするだけのレシピもあるので楽。 それにこのレシピ本の味付けが私と夫の舌に合うみたいで、夫も私も「美味しい美味しい」って食べられて有り難し。

もう一つ助かるポイントが、野菜名を本の最後の索引で検索するとその野菜を使ったレシピがまとめられていること。

例えば「大根」で調べると、①大根とにんじんのなますp69、②大根のナムルp66、③大根のゆずはちみつ漬けp101…という具合。

『作りおきサラダ』のお気に入りレシピ

この本の中で特にお気に入りのレシピは、以下の5種。

イカとレンコンのオリーブマリネ。マリネを初めて作ったけど、びっくりするほど美味しかった。

ミニトマトのハニーマリネも、はちみつとトマトの組み合わせって食べたことない…とドキドキして食べたけど、はちみつが入っているのに甘すぎないからおかずにできる味で夫が絶賛。

甘酢レンコンは元々好きだったのだけど、妊娠して酸っぱいもの食べたい欲が加速してて、しかも時期的にレンコンが安いので連日甘酢レンコン作ってます。味付けもちょうどよくて私の好きな味。

肉味噌サラダは切れ端の野菜などをみじん切りにして再利用できるので便利。味噌の味が程よい。肉と野菜が一緒に摂取できて、ご飯にのせても美味しい。

お気に入りレシピ本その 2 『主婦の友 創業100年のベストレシピシリーズ おかずの基本』

『作りおきサラダ]』を使って、主婦の友社出版のレシピ本すごいな~と感動。 ちょうどいいタイミングで主婦の友社創業 100 年の総集編となるレシピ本『主婦の友 創業 100 年のベストレシピシリーズ おかずの基本』が発売されたので即購入した。 「おかずの基本」と「作りおきの基本」の 2 冊仕立てになっている。

作りおきの基本

『作りおきの基本』は、『作りおきサラダ』のレシピ本に載っているメニューと同じものも掲載されている。 そしてスイーツの作り方も載っている。

ただ『作りおきサラダ』と比べるとメニュー数が若干少ない。 常備菜の入門書としては便利だけど、ガッツリと常備菜を作っていきたいときは『作りおきサラダ』の方が便利。

おかずの基本

ハンバーグ、鶏の唐揚げ、肉じゃがなどの家庭料理から、ペペロンチーノスパゲッティ、キーマカレー、目玉焼き BLT サンドなどのシャレた料理もあり、さらにはおせちの作り方まで載っていた。 分量は二人分で記載されているので、家族の人数に合わせて計算がしやすい。 そして味付けはやっぱりどれもちょうどいいです。私好みで夫好み。

この本を一冊持っているだけで大抵の基本的なご飯は作れます。

レシピの他に「おいしさを長持ちさせる野菜の保存法」や「切り方と下ごしらえの基本」、「だしのとり方」など、新米主婦にありがたい小技も載っていた。

「創業100年のベストレシピシリーズ」というだけあって、十分すぎる豊富な内容です。 一家に一冊おかずの基本。

『おかずの基本』のお気に入りレシピ

まだまだ使い始めたばかりなので作った種類が少ないけれど、以下の 3 種がお気に入り。

かぼちゃの煮物は味付けが優しくて美味しかった。かぼちゃそのものの味がしっかり残っている。

子供の頃から今までミートボールは市販のレトルトパックのものばかり食べてきたけど、初めて手作りしたら簡単に作れて美味しかった。 ハンバーグもいいけど、ミートボールもいいね。

レシピ本は kindle で購入がオススメ

Kindleだと料理の途中でレシピ本がパタンと閉じてしまうこともないし、多少汚れた手でタブレットを触っても拭けばきれいになるし、索引が呼び出せるので目的のレシピが探しやすいです。

あとレシピ本ってだんだん使わなくなってくると保存に場所をとるけど、またレシピを見るかもしれないのでなかなか手放すのも難しい。この点kindleはデータなので場所を取らない。

スーパーで買い物をする時に、kindleのデータをまるっと持っていけるのも便利。

Kindleは実際のインクを使用しているため、紙の本と同じようにくっきりとした美しい文字を表示します。タブレットのように強い光を発することなく、常に周辺環境と同じ自然な明るさになるため、目が疲れにくく、長時間でも快適に読書を楽しめます。

毎日『作りおきサラダ』と『おかずの基本』を眺めながら料理をしています。主婦の友社のレシピ本は味付けがどれもちょうどよく主人も絶賛。ありがたや~

しばらくはレシピ本をしっかり見て勉強しながら料理をして、ゆくゆくは自分好みの味付けをアレンジしてみたり、記憶からササッと料理を用意したりできるベテラン主婦を目指したい。