【観了】イーライ・ロス監督「ノック、ノック」

うわぁ…ホステル以来の懐かしい不快感…

イーライ・ロス監督について

イーライ・ロス監督の作品は「ホステル」シリーズでハマりました。

ホステルを観たときは、こんなにグロくてエグくて人を不快にする映画があるんだ!という衝撃で。 痛そうだし、怖いし、血だらけだし、死ぬ瞬間の演技もなんとなくリアルで、恐怖がコチラ側にも伝わってきます。

観た後は胸の中に不快感がいっぱい。全くいい気分になる映画じゃない。不快感を楽しめる人向けだし、グロとかエグいのとか血が苦手な人は観てはならない映画。

ホステルだけじゃなくて、前作の「グリーン・インフェルノ」も観ていてグッと胃に来る感じできつかったです。けどホステルのほうがインパクトがあったかな。 グリーン・インフェルノはオチがあまり気に入らない。

ノック、ノックの感想

そして「ノック、ノック」はグロや血の描写はほとんどゼロなんだけど、精神的にイヤな気分にされる映画でした。こういう人たちには絶対に一生関わりたくないっていう。 どうして家の中に入れてしまったんだろう、あのまま拒否していたら…一瞬家の中に入れてPCを貸していたとしても、それだけで外に追い出せば良かったのに。 たぶんその辺は主人公が一番考えて反省してるだろうな。

男性一人VS女性二人だったら、男ががんばれば女を動けないように拘束することはできそう。男は鍛えてるって言ってたし。 だけど、ビンタ1回以外は女に一切手をあげなかった主人公は本来はいい夫でいい父親で善良な市民だったんだろうなって思わせてくれる。

傍から観てると、あの時ああすればこうすれば、どうして確認しなかったんだ!ってモヤモヤするところがあるけど、主人公がそこまで気がまわっていないあたりが逆にリアルだった。 実際にああいう目にあったら、的確に動くことは無理で、誰しもこの主人公みたくなってしまうんじゃないかと。

オチはなんかあっけなくて、あれ?ってなりました。人が死ぬ意味でのバッドエンドじゃないだけマシなのかな…主人公が妻からどんな制裁を受けるのか、興味はありますけど。

それにしても、キアヌ・リーブスってどんな人物にでも変身できるすごい役者だなぁ。 ノック・ノックのキアヌの見た目が映画「ジョン・ウィック」の主人公とよく似ているんだけど、もしもノック・ノックの主人公がジョン・ウィックだったら、こんなチンピラ女はイチコロだっただろうに。 ジョン・ウィックを観てからノック・ノックを観ると、あああ!ってもどかしい気持ちになる。あなたもっと戦えるでしょ、って。

そしてノック・ノックのチンピラ女の髪が長い方「ジェネシス」役の女性はイーライ・ロス監督前作の「グリーン・インフェルノ」で主演を演じた女優のロレンザ・イゾ。イーライ・ロス監督の奥さんだそうだ。

私の中で地味にいろんなことがリンクしてて、それもそれで楽しめた。

家族思いの献身的な父親・エヴァン(キアヌ・リーブス)は週末に仕事の都合で一人留守番をすることになる。

家族思いの献身的な父親・エヴァン(キアヌ・リーブス)は週末に仕事の都合で一人留守番をすることになる。その夜、ドアをノックする音がし、開けるとそこには雨でずぶ濡れになった二人の美女が立っていた。

ジェネシス(ロレンツァ・イッツォ)、ベル(アナ・デ・アルマス)と名乗る二人は道に迷ってしまったため助けを求めていた。彼女たちに暖をとるように招き入れるエヴァンだったが、それは破滅の道への第一歩だったー。

ノック、ノック
公開日: 2016.10.13 ・ 更新日: 2018.04.30