お花模様のヨークプルオーバー

東海えりかさんの『東海えりかの編み込みニット』より、お花模様のヨークプルオーバーです。

母の還暦祝いに渡そうと思って編みます。

指定糸のリッチモアパーセントは実物を店舗で見られる機会がなく、色や質感のイメージがわきにくかったため、以前使ったことのある DARUMA のシェットランドウールに変更しました。

編み直し 2 回目 / 2021 年 8 月 29 日

針の号数を上げて編んでみて、多少指定通りのサイズには近づいてきたんだけどもやっぱりなんだか模様が詰まっている感じがして納得が行かない。 渡り糸を寄せ過ぎなのかも。

母にプレゼントするもの。着るものはストレスがあっては良くない。編み直すのはかんたん。 もう一度ほどいて編み直してみることにする。

クロバーのヤーンガイドがうまく使いこなせていなくて糸を強く引いている感じがするので、ガイドを外して指だけに糸をかけて編んでみる。

左手と右手の両手編みにすることも考察してみたけど、私には右手で糸を操るのは難しいようだ。やっぱり左手だけのフランス式で編みます。がんばろう。

編み直すことにする / 2021 年 8 月 21 日

襟、ヨークの部分のすべて。身頃の 20 段ほど編めたところまで来たのですが、裏の渡し糸がところどころ長いままのところがあり、拾いこぼしが気になる。

還暦のプレゼント用に渡すものとして編んでいるので、気になるところは編み直しちゃおう。 お花の編み込みを編むの楽しいし、もう一回最初から編むのも苦ではない。

あと想像以上にびっくりするほど小さくなってしまっていた。私のゲージで 28 目・25 段。指定では 23 目・24 段。縦はまあいいとして横…どんだけ…
身頃の横幅がパターンでは 45cm のところ、私が編んだものは 38cm しかありませんでした。ぴっちぴち。

もともとキツ手ではあるので指定針より一号上げて、ゲージもだいたいあっていることを確認して編み始めていましたが、それでもまだきつかったとは。編み込みをするために寄せて寄せてでどんどん編地が詰まっていたのだと思います。

信じられないほどキツキツ…とりあえず二号上げて試してみます。

袖部分まで編めました / 2021 年 8 月 18 日

袖まで編みました / お花模様のヨークプルオーバー
袖まで編みました / お花模様のヨークプルオーバー

袖の部分まで編めました。 袖は休めておいて、背中側を少し往復して長く編みました。

襟は別糸のつくり目をして残していたのですが、どのみち最後に編むことになるので先に編んでしまいました。 少し緩い気がして気になっています。ゴム編み止めではなく、伏せ止めで止めています。 小さくするのは簡単なので大丈夫なはず…

脇下は別糸で増し目 / お花模様のヨークプルオーバー
脇下は別糸で増し目 / お花模様のヨークプルオーバー

脇下での増し目は別糸のつくり目でした。 これは初めての体験!

別糸の増し目をする段は、どこからスタートするのか?がスッキリと解読できず、三回ほど編みなおししました。 結局、今まで編んできた糸の続きからではなく、新しく糸を取って編むことで解決しました。

お花模様がお目見え / お花模様のヨークプルオーバー
お花模様がお目見え / お花模様のヨークプルオーバー

草のような模様、宇宙人のような模様、ムンクのような蕾ときて、やっとやっとお花が咲きました。 うれしい!かわいいね~お花!感無量!

編みはじめ / 2021 年 8 月 12 日

編みはじめ / お花模様のヨークプルオーバー
編みはじめ / お花模様のヨークプルオーバー

草のようだった図柄からだんだんとお花の蕾が育ってきました。 ちょっと「ムンクの叫び」のようなホラーな顔つきの蕾が愛らしいですね。

お花の柄が左右対称なので、最初の一つを編むと覚えやすくて、総柄とはいえそこまで難しくないです。 でも本はずっと片隅に置いています。

渡り糸が長いこと(7 目以上)が多いので、ときどき拾っています。

データ